トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 ムーミン谷の彗星

https://amzn.to/3LtxRwV

そういえば知ってる気にはなってるだけでまったく読んだことないな、と突然思い立ったので買って読んだ。
日本の人間の感覚だけで読んでるとすごい不条理劇場なんじゃないかとたまに思うんだけど、好き。
たぶんムーミン好きな人、そういうの好きなんじゃないか。

どんな不条理も冒険にできちゃうパパと、冒険になったら守るべきものは自分が護ると思うてるパパと、どんな状況でも子どもやみんなの心地よさが大切なママは健在で。
初登場なのに周囲との距離をつかむ気が微塵もないスナフキンは、子どもの目とは別の意味で好きだった。

結局、わからないことはわからないままで、わかっていたのは彗星がムーミン谷を包み込んで去っていった事実だけで。
日常ものってのはこうでねえとということを、再確認した作品にもなった。

[感想]


>>FrontPage