トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 マロナの幻想的な物語(吹替版

https://amzn.to/3JPh1Yb

誰だこんなつまらねえタイトルにしやがったのは。から始まる(直訳のほうがええんちゃうかな…)、長い走馬灯。
果たして幸せだったかどうかはわからないけれども、ひどい目に遭わされないお宅で一生を終えられたのは、悪くなかったのではなかろうか。
最期については意見は分かれるだろうけど。
人間を、得体のしれない不気味なものに描く手法は、走っているときの視点の低さや背景の疾走感も含め、ガンバの冒険を思い出した。

抽象的な絵で困惑や幸福感を描く長編アニメは、日本のセルアニメに慣れきった環境では難しいかもしれない。
みんなのうたには、今でも実験的な作品はずっと残っているけれど。
長めの海外の絵本を読んでいるような作品。
視覚情報やストーリーに都合の良いわかりやすさしか求めない人には向かないけど、無限に想像を広げられるタイプの人には、楽しめる作品ではないかと思いました。

[感想]


>>FrontPage