トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 東大教授が教える独学勉強法

https://amzn.to/3FJmzAN

単語丸暗記の資格試験の話ではない。
問題意識を持ちながら目の前の情報を処理しながら、ものごとへの理解を深めていく勉強。
全てに正解があって、鵜呑みにすることが勉強ではないよ、という前提。
生涯学習に興味を持ってるのに、過去の栄光にすがりたい暗記万能世代の方々に読んでほしいかもしれない。
英語教師をしていた伯父の「本当の勉強は大学に入ってから」という意味がどうしても気になって、30越えてからなんとなく大学に在籍するようになって、ようやく「知識を得る」楽しさを覚え始めた人なので、共感するところは多かった。

歳をとってから大学に入ってみると、過去の暗記は基礎教養でしかなかったんだなと気づくのだけれども、20代の自分が大学に入っていてそう考えたかといえばそうでもないので、来たるべき時に入学したよね、とこういう本に触れると毎回思い出す。
とはいえ「お前ほどちゃらんぽらんな大学生なんて見たことない」と言われる、まだ70単位くらいたりない12年生なわけで、本当にのんびり気の向くまま、知りたいことを知りたいまま、好奇心に任せて生きているわけで。
偉そうに学びが語れる人でもないのだろうけど。

勉強ってのは学校や私塾なんかの集団の中のが深めやすいけれど、そういう場所の力も借りながら自分自身で探し当ててきた情報の方が、自分の中には深く刻み込まれてるよねってのを、改めて確認することになった。

[感想]


>>FrontPage