トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 あなたの思考を見える化 アイデアマラソン発想法
誰でもできる 誰でもだせる

https://amzn.to/3eCq8xx

今年のお風呂読書一冊目。
初心へ還るような感じになった。

イマイチとっつきにくく感じる部分もすっかり丸くなり、人間56歳を超えると円熟期に入るってそういうことなのかーと別の本の内容を再確認したりした。
やり方は変わりようがないので本文を参考にしていただくとして、どの方面にも使える「ネタ帳」の作り方としては、かなり有用な手段として、人に勧めたい。

用意するものも少なく、あとは毎日続けるのみというシンプルさ。
昔はVペンを勧めてらしたけれども、今回は記述がなかった気がする(読み落としたかもしれない。
大量の文字を書くことが苦痛にならない道具なら、何でも行ける。
書けないなら音声でいい。文字で済まないなら絵だって描いていい。文章にまとめたいなら、下書きを始めてしまっても問題ない。

とにかく思いついたことは、くだらなかろうがこじつけだろうが全部出す。ひたすら出す。とにかく出す。
という単純な手法なので、いつまでもダラダラと遊んでいられる。
むしろダラダラ遊べるようになってからが本番。

新しいことをなんとなく始めたい人のネタ出しや、煮詰まってきた気のするネタの仕込み直しなど、カスでもいいから数の暴力で殴りかからないと解決しない人ほど、一度試してみるといい。
オススメ。

[感想]


>>FrontPage