トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 テンペスト

https://amzn.to/3pxg4fw

リンクはKindle1巻

アプリで完走
生真面目すぎた悲しい選択には胸が痛んだけれども、その選択こその結末だったわけで。
スケールの大きさ的には理解はするけれど、やはり悲しい選択だった、自分には。

よかったねえという想いも、そうしてしまうよなあという想いも両方あって、それでもその後を描いてしまったらまた大河になってしまうのも理解した上で、しかし、もう少しだけ見たかったと感じる部分もあり。
この引きずる感じまで計算されていたら、まんまとやられてるなあと考える終わり方だった。

[感想]


>>FrontPage