トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 バーナード嬢曰く。6

https://amzn.to/3yOAZOj

長谷川さんのコナン語り、一迅社だから許される感満載。
ハードルの高さを自覚してるオタクが、一番高いハードルを設定すると、たしかにこうなる。

ド嬢もめでたく読書家に。
ちゃんと友だちにもなってていいよね。

かいけつゾロリは、今の高校生にも懐かしいんだろうか。
よく考えたら、小学生の前半は図書室のはだしのゲンと、算数の学習まんが、後半はコナン・ドイル全集と推理小説全集にあけくれて、世にいう児童文学を読み始めたのは30代後半になってからだった。

今回は、読書友だち同士の本を絡めたちょっといい話的にまとまっていた気がする。
図書室が居心地よくて、図書室に集まって、図書室で仲良く話して、と、微塵も高校生活パートがないのが好き。
必要ない情報をばっさり気持ちよく切り捨てたまま、このままずっと続いてほしい。

[感想]


>>FrontPage