トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 ふだん使いのマインドマップ

https://amzn.to/3o8h5L1

目に入ったので読み返し。

大量の実例と、書き方のルール。
考えをまとめたいときにいつでも使える、というのを確かめたいときにはちょうどいい。

ルールがめんどくさいので、どーしてもブレインマッピング(https://amzn.to/3ia6XgZ)に行ってしまうので、マインドマップはどーしても続かない。
制約が多いのは無理。

好みによると思うので、合わない人が無理をする必要はないとは思うけれど、ツールとしては楽しいので、そのうちまた見直すんだろうな…。
本家本も、ずっと積んでる。

20210926

 実践! ふだん使いのマインドマップ

https://amzn.to/3kH7XLh

こっちだけでよかった
事例も発展的になって、扱われている例もこちらのほうが好き。
先の本が2012年刊行だったかで、気持ちを落ち着かせて事態をまとめる、という方向に行きがちだったのもあったかも。

知らないことは書けない、わからないことは書けない。という無知の知を得るための手段という部分に触れているのも好感。
わからないことがわからなければ、進展しないのは激しく同意。
構造を考えずに一旦書き出してみる、というのも紹介されていてよかった。

で、使うかといえば先の感想に戻る。

20210926

[感想]


>>FrontPage