トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 英雄の書

https://amzn.to/3lI6aX5

印刷屋の本棚に並んでた。
わりと好きな方の営業さん(自分は仕事は担当していない)の蔵書がたまに入れ替わりつつ入ってるんだが、読書傾向的にそりゃ話が面白いわと思うていたので、購入。

一番めんどくさい時代に、それもAIの開発研究をしていた脳科学者だった女性の方の著書というだけで面白い。
脳を研究してる人の捉える人間像が好き。

以前、自閉傾向のある息子のために仕事を辞めなければなかった同業者に「当事者として、子どもと向き合うときに気をつけていることがあれば教えてほしい」と尋ねられ「とにかく数え切れない失敗をさせてやってほしい。怒らずに『どうしたらいいか』を数え切れないくらい教えてほしい」と伝えて見送った。
まきむらさん、ADHDの診断をそろそろ受けておこうと心療内科に検査に行って、自閉症スペクトラムによる生活の心配されて帰された人なので、そりゃもう数え切れない失敗とともに生きてきているのですが。
失敗は、たくさんしておいたほうがいいというのには、同感しかない。
むしろやりに行け、とさえ思う。

人と同じことができないなら、失敗によって、どうもこう振る舞うのが正解らしいという手札を無数に揃えた方が、断然いい。
何度も同じことを繰り返すなら、それは向いてないと切り捨てればいい。

周りのご意見なんて、その後でいい。
生き残る術を学ぶ方が先だ。
そういうタフさの先に、孤高とも言える「他人思い」があるんだろう。

そこに至るには、人間が小さすぎるなと思いもしたけれども、そういう方々へ憧れることのできる感性は、失わずに歳を重ねたいと思う。

210911修正
[感想]


>>FrontPage