トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 プロジェクトV

https://projectv.jp/

「中国」が、札片で頬をぶん殴りに来た西部警察

で、見たことがある人にはたぶんだいたい通じる。
色合い的にCGかしらーと思ってら実写だったシーンがいくつか。
NGシーンを見ていたら実写だった。実物の色彩が作り物くさいからか。
大陸感覚のドぎつさと、昔ながらのクンフーアクションが混ざり合って、荒唐無稽と言い出す人もいそうなストーリーが勢いだけで大団円で終わる。

きっと実際こんな感じなんだろうなっていうものと、このさき実現しようとしているのはこういうことなんだろうなってのと、ないわーwwww ってのごった煮に詰め込まれてて、今、金の中心は中央アジアというか、金しかないんだな中央アジアとか、そういうことを考えてしまう映画だった。
それがストーリーの意図するものかどうかは知らない。

ジャッキー、年々「普通のオジサン」の擬態が完璧になってく気がする。
あれは老いではなく、亀仙人的な「すげえ人は本気以外のときはゆるい」の域へ行ってしまっているだけのような気がしてならない。

死亡フラグはどこの国でも死亡フラグだった。
回収するかどうかは別の話。
中国でアクションのできる若手俳優女優見本市みたいなところもあって
ちゃんと覚えておこうと思える映画でもあった。

210512

[感想]


>>FrontPage