トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 どうぶつ宝島

https://amzn.to/3gjVxEU

ぼくの知ってる宝島と違う(笑)

ホルスで疲れたスタッフが
「楽しいのやろうよ」って
こういう形になったって記事を
ちらっと見かけたのだけれど、
ホルスを見たあとだと
ちょっと納得してしまった。

子供向けのわかりやすいハッピーエンド。
内容の如何はそれぞれの判断に
おまかせするとして、

とにかく、動きがいい。

ぼくが育ったころに覚えた
「気持ちいアクション」は
まさにこれ。
等身は関係ない。
これを8等身でやろうと、
6等身でやろうと
2等身でやろうと、
気持ちがいいってのは
こういうのだと、改めて感じた。

とにかく気持ちがいい。
特に、宝を目指している船長と
ジムとの追っかけっこが最高。
剣のかわし方、走りかた、
崖の登り方のデフォルメの
気持ちよさ。
大好き。

オープニングに原画として
宮崎駿さんの名前があるのは
ストーリー構成とかもやったから
なのか、メインでどっさり書いたのか
当時、そういう表記がなかっただけで
実質の作画監督だったのか
すこし調べたいところ。

コナンやラピュタ、ホームズ、
カリオストロ、ナウシカなどなど
諸々の作品で見ることのできる
女子キャラの片鱗がすでにここにも(笑)
戦う女子という厄介な性癖に目覚めた人は
たくさんいるんじゃなかろうか。

難しいこと考えずに、
楽しく見られる作品なので、
子どもだましと斜に構える人でなければ
面白く見終われるんじゃないかな。

ぼくは好き。

20200525
20200526

[感想]


>>FrontPage