トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 やがて君になる 完結

アニメが良すぎて転がり回ってたのはもう書きました。
原作も好きで、全巻追っかけました。
そのうち紙で全部買い直そうと決めております。
雑誌買うほどじゃなかったな、というのが、
自分の判断基準です。
追いついたら雑誌買い始めるんですが、
それがなかったので、そうか、と。

百合作品としての評価は
いまさら俺が言うこともないので、
ぼくがやが君をめちゃくちゃ評価している点だけ、
まとめておきます。

マンガとしての完成度の高さ

それだけです。

1 とにかく背景がうまい
背景の抜き方が、見てて死にそうになるくらいうまい。
すごい。
背景の情報がちょうどいい。
多すぎないし、抜き方に不足もない。
完成度がすごい。
なんとなく雰囲気だけで人気が出ちゃう百合業界に、この完成度をぶちこんできた電撃。
さすが電撃。

2 不要と感じるエピソードがない
ここは、スピンオフで稼ぐ電撃の風習が
いい方に出たなと感じている点。
ストーリーに無駄がない。
長期連載にありがちなサイドストーリーが
必要最低限に抑えられている。

他社だったら、さやかのエピソードが
本編にあったかもしれない。
堂島君と朱里の恋愛模様もあったかもしれない。

ない。

徹底的にない。
この清々しさ。
余分が排除された、純度の高さ。
構成の完成度が非常に高い。
いいものを読んだと毎巻感謝した。

ストーリーの構成、画面の構成、
どちらも非常に勉強になる。
そういう意味でも完璧で、
いい体験をさせていただきました。

そんなわけでやがて君になる
何度も言うようにこれからの百合の
基礎教養的作品になっていくと
思われるので
個人的に全力でお勧めしておきます。

https://amzn.to/353hGBd

[感想]


>>FrontPage