トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 帝都物語

https://amzn.to/2qucmYF

そういえばあれ、見たことあったっけ?
と思ったら、プライムビデオのトップにあったので見てました。
結論から言うと、見てませんでした。
こんな強烈な話、一度見たら忘れんだろ…
あ、でも禁じられた学園は忘れたから、忘れるものは忘れるかもしれん。

思い込みが激しいから君は表舞台から引きずり降ろされたのでは。
という気持ちに。
こだわりの強い人はいつの時代も生きづらい。
誰に感情移入するかで評価がわかれるのかもしれないなぁと
いつもと同じことを考えながら見てました。

実際、加藤さんあんなけ頑張ってたけど、当の平清盛がそれを
望んでるかっていったらそんなことなさそうな描写なのが救われない。
なぜだ、じゃなくて、本人は寝ていたいのでは。
と一度でも考えちゃうと最後までそわそわしちゃう。

あの中で一番真剣に空気読めてなかったのは土御門さんだった
気がしますけども。
陰陽の儀式って自分の一部を切り売りする感じで見てて痛い(物理

ただこれ、美人の種類がほとんど変わらず、いまいち相関図がピンと来ないまま
見てたら、最後になって誰が誰だかわからんくなった…(´ω`)
まきむらさん、南国系の個性的な美人が好きなんだね…なるほど…

これを書くために、ウィキをちまちま読んでたんですが
なるほど映画でちょい役だった実在の人々も、原作ではきちんと役があったんですね…
西村晃さんが西村真琴さんの実子ってのにも正直驚きました。
当時話題になってたんだろうけど、知らんかったですよ…

勧善懲悪ではない個人の執念の物語として見ましたけども、
原作の冒頭一部だけのようですし、あれはどんな結末を迎える物語
なんだろうなと、ちょっと気になりました。
気になっても、たぶん、当分読もうとは思わないか、
なにかきっかけないと手には取らないんだろうなって気はしてます。

[感想]


>>FrontPage