トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 龍の歯医者

https://amzn.to/2Mt0wWH

録画も含めて何度も見てるんだけど、バンダイチャンネルのスタンプ欲しさに見直し。
撮り損ねた1話の代わりにバンチャで見て、2話はリアルタイムでも録画でも見たんだけど。
作画すごい、背景なんか好き…
ってところから、内容を咀嚼できるようになるまで何回かかかった。

背景があえて牧歌的な感じになってるのも演出なんだろうなって気がした今回。

人の命が巡る、ということを視覚化して、その流れに逆らう人やその流れの中で復活してしまった少年を描いてる。
別の龍の背中で同じことが起きているのか、龍は複数いるのか、もう彼しか残っていないのか。
たった2話しかないので、細かい設定とか全然明かされないまま話は進むのだけれど。
巨大な力を命の奪い合いに使いたい人たちはどこにでもいて、その力を抑えるためにはやはり大きな力を得るしかなくて。

人為を越えた圧倒的な生き物としての「龍」の上で生活する人たちは、
自分の最期を見る儀式を越えてきた。

抗えない最期に抗おうとして、最後に「美しい」と言われた姉さんの恋や。
来る際という言葉で、人の最期を受け入れていく生き方への疑問を言葉にできる人がいるのは外の人間なのに、
その外の人間が、龍の歯からのヨミガエリで。
ではその人選を今した龍の意思は。
意思がないとしたらそこに導かれた理由を考えてしまうのも当然で。

龍は運命に抗うことを許さない。

「生きるって長生きすることなの?」っていうのも
「運命がわかっていたって、それを目指しているわけじゃない」ってのも
「ただ死ぬ日を待つだけの人生に意味があるの?」ってのも

抗うって、戦うってなんだろうねえ…

ってことを考えてしまうんだよね…
さすがカラーですよ

[感想]


>>FrontPage