トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 応天の門3

https://amzn.to/2ySTQJU

自分の無力を知り、知識は活かしてこそと身を以て学んだ道真。
この先の人生の中で、この体験は大きく生きていく筈。
父親が「藤原」の中に入れまいとするエピソードも、そのうち身に降りかかる地位に登って行くんだろうなあ。

 応天の門2

https://amzn.to/2Z4cA3M

白梅を即落ちさせる高子様最強(言い方
それなりの身分があるので当然といえば当然なのかもしれないけれど、出てくる女性がみんな切れ者で見ていて楽しい。
狂犬病は予防はできても未だに治療はできんでのう。
度々現れる兄上の陰の伏線回収は3巻へ。

 応天の門1

https://amzn.to/2YKtt8y

どっかのタイミングでまとめて読みたいなあと思うていたらunlimitedにあった…あったよ…。
道真が正しいことをしているのに飛ばされそうというか、正しいことをしているからこそ政治には向かない性格に描かれていることで、この先の事件を考えてしまう。
詩歌にすぐれていたとされるらしい史実はそれとなくスルーされてるのか、それとも業平の業績が道真のものとされていくような展開なのかもになるところ。
この後にキャラクター論を読んだので、キャラの配置に頷くことが多かった。頭がいいだけのキャラを、嫌味ではない人に仕立て上げるにはやはり周囲の評価が必要なんだな。

小梅が好きです。
わかりやすいね。

[感想]


>>FrontPage