トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 クダンノフォークロアをクリアしました

クダンノフォークロア
まきむらさんクリアの百合ゲーとしては2作目になりますかね…

感想というか、不満というよりこれでいいのかーという落胆というか
エロゲを何本かやらせてもらった体験からすると
商業ベースでこれでいいのかという気持ちが強くてですね…
続編出してるエロゲ会社さんのクオリティって凄まじいのだなと
改めて感じ入っております
何度も言うけど、周回ゲームはできないので。
忘れるので。
明確にエンディングが変わるならともかく、エンディングのうしろに
ちょっとおまけが追加されてしかもそれ本編に関係がないとかいう(´ω`)
ループもの自体は別に否定はしないんですが、
ストーリーそのまままるごとやり直すだけのループは
本当に無駄な時間にしか思えなくて大嫌いなんですわ…(´ω`)

てことで、コンプリートまで、無駄な周回込で9時間程度でクリアしました。


ストーリーとしては
ちょっとした悪夢にうなされている主人公、九段朔夜が
たまたま道端で手助けしたお姉さんとの縁が発端に、
地元九段に伝わる小さなオカルト事件に巻き込まれ
やがてそれは二人の過去を明かす事件へとつながっていく。

わかりやすく言うと
「この声優さんが出てるならきっとこの人が犯人ね!」
が当たる、土曜ワイド劇場です←


もう少しうまい描き方はなかったのかと、
素人書き手としてはものすごくもやもやする
恋愛要素がまるごと無駄なのも、ものすごく土ワイだった。

あとですね、これ、志水さんの傾向なのか、
ゲームの傾向なのかわからんのですが

演劇の悪手を打ってるの、本当にあかん

FLOWERSでもさんざん気になってたんですけども。
絵があるところは絵に説明させればいいんだよ!
が、ほんとにできてなくて。

これは平田オリザさんの演劇入門で書かれてて
まきむらが何度も言うているのでだいたい目にしている人も多いと
思うのだけれど

美術館デートで
「美術館はいいね!」とか
言い出すのは最悪です。

っていうのを、漫画描きとしてずっとぼくは肝に命じていたんですが
それをね、やるわけです、毎回。

そ れ は 見 りゃ わ か る !!!

そういうことは書かずに演出に任せましょうと、美少女ゲームシナリオ教室にもあるわけで
自分としては、音楽も理解できる人には、止め絵と文字と、音楽で演出できるゲームは
最強かと思うことの多い昨今、

もったいないからやめてあげて!!!!

とどうしても我慢できなくなるわけです。
まぁ、でも、冒頭はまだ、FLOWERSよりマシだった…うん…
わりと最初の方はなんとかがんばれた…

がんばれた理由として大きかったのはあれですよ、レンですよ…
なんでルートがないかって、本妻だからだよねと気持ちを落ち着かせるくらい、本妻ですよ…

これ、本妻が絡むまでが長い。すごく長い。
長いんだけど、長い必要あるのか? って思わせちゃってる段階で自分の中であかん。
あと主人公、お前、へたれすぎる。
ぼくはヘタレサブは好きだけど、ヘタレメインはどうでもいいんだ。
この辺は性癖の問題なので、お好みは分かれると思いますが。
ものすごく正直な話、これ、

ラストをみんな仲良しにするためには
朔夜が女子でないといろいろめんどくさかっただけ

の百合なんじゃないかと穿った見方をしてしまった。
なんだこの、赤塚不二夫。
こんなけぐずぐずの終わり方で、男子が主人公で愛人二人とか、
納得してもらえないだろう、これ
本妻いるのに愛人二人とかだめだろう。

だから百合なん?

って、終わってから考えました。


いくつか思うことはあったんですが。
けっこう1周目からずっと考えていたのが

男子の書く男子の好きな百合

女子の書く女子の好きな百合

男子の書く女子の好きな百合

は明確に違うということ。
そしてこのゲームは、

男子の書く、男子の好きな百合

と、ぼくは感じました。
本当に市場に求められているものなのかどうかはわかりませんが
男子の居心地のいい百合というのはこういうものなんだろうな、という
気持ちにはなりました。

ただ、ぼくの肌の感じとしては、
百合市場で求められているのは
女子の描いた女子の好きな百合だし
男子の描いた女子の好きな百合だし

その女子のための百合を男子が読んで幸せになっている図

なのだと思うので、これは、百合ゲームとしては
どうなのかなっていうのが正直な感想です。

いや、なんかね、年取るとね…
巷の噂で聞く予算とか納期とか余分な情報が
邪魔をしてね…
というより、そんな情報が気になるくらいにはストーリーに
入れなかった方が問題なんですけどね。

まぁそんな感じの、ゲームでした。
絵は好きだったな…
背景は、感動的ではなかったけど
このストーリーならまぁいいかーって感じで
諦めがつく感じでした。

[感想]


>>FrontPage