トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 ゴジラを見ました

一作めを
放射能対策のゆるさが…広島の二次被害三次被害の怖さがじわじわくる…
生活環境を人間によって追われたっていうのも、今日の里山の問題を彷彿とさせますね…
50年経ってもまったく無反省なあたり、日本人ってばよ…

芹沢さんが殺人兵器を作りながら良心の科学者で、山根さんが生物学者なのに研究者の狂気を描いてる対比が好きです。

これが戦後9年しか絶たずに作られているということは、子役以外は全員何らかの形で戦争体験していて。
そう考えると、あの大火災のシーンも空襲で誰かが体験していて、避難のシーンも疎開も、誰かが体験していて。
映画から伝わる腹の奥に迫ってくる恐怖は、経験に基づくものなんだろうな…

研究者の狂気の果ての兵器の起こした事件を、狂気を抱いて消し去った研究者の対比。
怪獣という未知の生物を隠れ蓑にした、なるほど確かに、社会映画だったのだなあと納得しました。

これは、人生になる。

[感想]


>>FrontPage