トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 面白いことがあったのでメモ

ついったでも書いたやつ。

アンソニー系のコーチングセミナーにスピードコーチングというのがありまして。
それの派生のお安いやつに参加したことがあるご縁で、
ゆーるーーーーーーーーーーーーーーーーーーい読書会に
たまに参加しております。

今朝もそれがあって、でかけておったんすが。
モーニングが10:45まで
11時からランチ営業
モーニング中は、飲み物おかわり自由で、
明記はされてないけどそれとなく時間制限があるらしい
お店でありました。

10時からあれこれ余計な話をいろいろしていて
11時前くらいにコーヒーのおかわりを通りがかりの店員さんに
頼みましたらば
「飲み放題は10時45分までです」
と立ち去られてしまった。

そののち、通りかかった別の姉さんに
単品のコーヒーを頼んで無事おかわりできたんですが。

「ぼくはコーヒーが飲みたかっただけだから
 飲み放題は終了するので、
 単品の注文になりますがよろしいですか?
 でよかったんですけどね」

ということを、言ったんす。
向こうはぼくよりもきちんといろいろなことを
学んできてみえる方なので

「飲み放題終了でいっぱいだったんでしょうね」

みたいに穏やかに話が進んだんですけども。
このあと、自分や他人の思い込みにまつわる体験談が諸々でてきて
えらい話が弾んでとても楽しかった。

自分の視野って、自分だけじゃなかなか広がらないじゃないですか。
フィルターが絶対かかる。
そのフィルターとは全然違うことって、自分以外の誰かの意見でしか
聞けないんですよね。
それは対面かもしれないし、書物かもしれないし、ラジオなりテレビなりの
音声かもしれないし、媒体が特定されることもないのだけれど。
自分と違う視点に気づいたとき、それを自分の「新しい視野」として
捉えられるかどうか。
今日の方については、そういう学びを積んできている方だったので
話しながら発見を面白がることができて大変ありがたかった。

自分の視野を、もうひとつ外側から眺められるようになれば
本当はいいんだろうけれど。
それが難しいのもまた当たり前の話で。
そこで感じる「当たり前」という感覚に
違和感を感じられるようになれば
もう少し考え方が広がっていくのかね、ということを
改めて考えた日になりました。

午前中だけでまる1日分くらい活動したので(こら
パソコン立ち上げて帳簿つける!とかいいながらこんなこと
してますけども。

来月に向けて勉強しときます!とか軽々しく言ってしまったのでw
相方にヘルプ頼みながらちょっと頑張ってきます。
その前にモンハンアップデート…(お前…

[日記,つれづれ]

ログ/2020-01-13


>>FrontPage