トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 旅をしてきた

久しぶりに鈍行旅へ行ってきた。
ときどき、不意に長距離を乗りたくなる。自動車も、鉄道も。
福岡なので、いろいろ思うところはあったのだけれど今回は最短で。
18きっぷの時期にまたたびに出たいねと、きっぷを見ながら考えていた。

というわけで、6人だけ参加のFLOWERSオフをするためだけに、3泊4日、でかけてきました。
一日寝ていたので、やっと更新。

福岡往復しつつ、相方んところに泊めてもらったり、妹の芝居を見てきたりしました。
途中下車も、制限さえ理解していればとても楽しい仕組みで、時間とお金に余裕があればまたやりたいところ。
18きっぷと違って、新幹線や特急に乗れるのはありがたい。
そんなわけで、宿の代金と新幹線の特急券代をくらべて新幹線を選ぶということをしました。
ちょっと賢くなった気がする。気がする。

行きの2日間はずっと寝ていた。
とにかく寝ていた。
2/3くらい寝ていた。
帰りにようやく景色を見る余裕ができたけれど、やっぱり寝ていた。
カード引いたら「疲れてるよ」と言われるし、なんというか…疲れてたんだね。うん。
言われてみれば、ホテルでも5時くらいに飛び起きた。
一番疲れてるときのやつだよ、だめだ、そういうの。

オフ自体は危惧していたような自体にはならず、のんびりとしたいい雰囲気で。
そのまま二次会へ行ったりと、楽しく過ごしてきました。
久しぶりにオフ会の企画立てたりして、来年に向けて慌ただしくなりそう。
この何年か、自分のフィールドってどこだったかなぁと思うことが増えていたので、お客さんじゃなくて、セッティングする方でもいいのかなぁという気づきをいただいた日にもなりました。
そうは言っても感性が古いのでね。
そこは、若者に助けていただく方向で(笑)
自分の居場所は自分で作る。
そういう生き方してたね、そういえば。


妹の芝居がよくて。
しばらく妹と気づかなかったくらい、ストーリーに没頭していた。
あらすじは本当にこれだけ。
時代背景を知らないとあの貧困と言うか田舎のどうしようもなさとか、理想にすがりつきたい感じとか、作品だけでは伝わりにくい話だったかもしれない。
その時代を生きた人々に歓迎された作品は、その時代を知らないと面白くなかったりするしね。
とはいえ、なんか、こう、社会人劇団ってこういう感じなんだなぁという点も含めて、面白かった。
自分は大学サークルから派生して、社会人劇団になりそこねて自然消滅した劇団しかしらなかったので、それも興味深かった。
月蝕歌劇団とキャラメルボックスにハマって通ったこともあったけれど、まだ第2回公演という、こう言っていいのか、若い劇団というのは初めて見たかもしれない。
小劇場でやる演劇は、セットですべてを語ることはなくて、限られたスペースで、観る側の想像力で補うことを求められる場合が多い。
小劇場でなくても、舞台演出の名作と思っている「ウーマン・イン・ブラック」もこのパターン。
大きな背景セットはほとんど登場せず、椅子と箱だけでメインのストーリーが構成されていたのが、今でも印象に残ってる。

小劇場の、限られたセットで演出で見せる工夫はとても好き。
ふるさときゃらばんはわりと大掛かりなセットで見せていたけれど、小劇場から大劇場まで縦横無尽でしたもんねえ…

それはさておき。

空白を埋める作業っていうのは、小説に近いのかもしれんすな。
演出家の方と同じ景色を見えているかはわかりませんが、自分の見ていた絵はきちんとありました。
芝居の成熟度についてはどうかなって思うこともあったけれど、ストーリーは好き。
演じ継がれてる作品ってやっぱりいいすね。

ただ、だれも幸せにならないw
そういうのが好きな人には、ロシア作品わりとおすすめしたいところ。
虚淵さん作品お好きな方とは相性いいと思うんだけどな。


帰りに寄った相方のところで、クダンノフォークロアをもらうことになっていたので、引き取ってきました。
それと同時に「○○に貸す約束してたんだけど、お前も持ってけ」と、イノグレ作品を5本投げられてきたw
あとは、おとボクを補完して。

いつも思うけど、ゲームで活動してる同人作家さんていつゲームやってるのw
そんな感じでカルタグラはじめました。
いや、いきなりかーいwって感じで。
しれっと食われてる秋五さん、君は可愛いか(´ω`)

とりあえず、カルタグラ終わらせてから、クダンノフォークロア進めます。
いつだ…

クダンノフォークロア、ししょーが嵌りそうなキャラも、自分が嵌りそうなキャラも、どう考えてもまた

公式に無いルートを自ら開拓して、
公式を引っ張り出す

流れになりそうで、公式以外はまったく理解できない勢とガチで向き合う展開になりそう。


[日記,感想,つれづれ]

ログ/2019-05-04


>>FrontPage