トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 開局申請したよ

ハンディの説明書片手にガタガタ電子申請しました。
1週間かかると言われていたはずの、IDとパスワードが昨日とどいておったのでな。

それにしても、ヘルプが不親切で笑った。
PDFに全部目を通してから始める人がいったいどれだけいるというのか。
入れなくていいなら入れなくていいって、申請画面のどっかに書いておいてくれないか。
これだからお国の作った申請画面は…という案件。
そういえば、オリンピックのボランティア申請画面も大変なことになってたとか見かけたような。
やってるうちに全部覚えちゃうから、まったくやったことない人の気持ちになれなくなるのは、よくあるお話なんでしょうな。

そんな感じで審査待ち。
うん、まぁ、確かに国家資格だしね。
大変だよね。
それから、ようやく入金のお知らせが来て、返信用封筒は自分で送って(着払いもあるんだが、それなりのお値段だったのでな)やっとだよ…やっと届くらしいよ…
もう、処理に3週間とか1ヶ月とか驚かなくなってきた。

とは言いつつも、もうちょっと平成な時間感覚になりませんかね。
あらゆることがのんびりすぎる。
そもそも、試験込の講座の申込み、サイトから申請の方が締切が早いとか、解せぬ(笑)

書き間違えていなければ、誕生日までには開局…できるといいなぁ…
ハンディなので、遊びに行った先々で運用する予定でおります。
来月の京都に間に合わないとしても、一応、来年東京の博物館行くしな。

それ以外にも、ウロウロ遊べるといいなぁと、思うてはおります。
引きこもりなりに!w

 家の前に、B型支援の施設が建つんだげな

別に施設が建つ事自体は否定はせんし。
ご近所にもう子どもが少ないので、遊び場がーとか言い出すつもりも全くないんですが。
B型の運営自体にたまに疑問符がつくので(実際面接に言って、事業主としてどうなんかなという気持ちになった案件がある)、まぁ、働けると通うの楽になるのになーと、当面は眺めてます。
先月だったかな、図面とか持って、挨拶に来ておったよ。

個人的には、ちゃんと駐車場を整備してくれないと、って感じかな。
家の前、ただでさえ道が狭いので、お迎えの路駐とかマジ困る。
うち、下手くそしかいないので。

 テキストとお絵かきの波が交互に来る

ついでにインプットとアウトプットの波も交互に来る。
外に出さない、妄想の掃き溜めのようなテキストファイルだけが肥えていく時間に突入中。
創作してるので自分は満足なんだけれど、発表してなんぼじゃないんですかとう自問自答がないこともなく。
ただ、書いてばかりで描いていないジレンマは積み重なっていきますな。

描いていないことも、書いていないことも等しくストレスになるのだけれど、インプットの不足があまりストレスにならないのは、優先順位の違いなんだろうなと考えたりもします。

ようやくノートを書く気力が戻ってきたので、もうひと頑張りしたいところ。
今年の11月こそ、無我にならない。
がんばれ。


風が吹いたらおうちから出ないのは仕様です。


[日記,つれづれ,アマチュア無線]

ログ/2018-10-27


>>FrontPage