八百万屋総本舗 電脳支店

(2014.09.21) これは

終わってすぐに書きたかった

アルドノア・ゼロ1期最終回を見ました

なんというか、容赦なく戦争ものでした
後味が「黄泉坂案内人
読んだ人はここだけで察せられるくらい、まきむらのジンクスが盛大に発揮された終わり方でした(;´д`)
好きキャラが全員お亡くなりになるってどういうことなの…あ、いや、まだ大尉先生生きてるか…つか、大尉先生が真っ先に亡くなると思ってたんだけどなぁ…
彼は証言者として生き続けねばならんのか

2期の何を楽しめばよいの…地球人にもなれないスレインの反逆を見ればよいのかしら…あれか、そうして彼は貴族にのし上がったのですなお話なんですか(そんな馬鹿な

虚淵さんがとうとうアニメで本領を発揮なさった…

今までは相方が言うほどのえぐさはなく、あぁこれが世に言う白淵さんなんですねー本領発揮いつかなーと思ってたんですが
まさか、でしたよ、ええ
相方の言うとおり、虚淵さんのフィールドだったのですね
これは、正統派ロボットアニメですよ、これまでになかった形の
色々なものをひっくり返しながら、ロボットを武器として扱う戦争としては正しいアニメだったと思う
ほんとに思う

ちょぃ、確かに戦争だけどさ
えぇええええええぇぇぇ(゜д゜;)

という、戦争の理不尽をさらっと突きつけられました
びっくりしたし、これが虚淵さんか!と感動しました ある意味
いや、あくまで原案なのはわかってるんですが
虚淵さんを採用した意味というのをものすごく痛感した最終回でした

これは、ハリウッド見習え
ほんとに見習え
これが戦争だよ、うん

いやもう、アルドノア・ゼロ1期
これは最終回を見てもなお、おすすめしたい作品です

戦争アニメとして、おいらはアルドノア・ゼロを、
全力でおすすめする


>>日記 目次