トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

<< 2020-2 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

2020-2-17

徘徊履歴 20200216

作りたいものの形が見えてきて、
そのために学ばねばならんと考えてたことを
身近で学べる機会があると知り、
とるものとりあえず、飛びついたのが昨日の話。
技術を学ぶのには時間がかかるけれど、
無知のままでは調べようもない。


いつものゆるい読書会。
家を出るのが遅れたのに加えて、
検索した支店が違うことに気づかず
さらに遅れ、2時間ある会の
ラスト30分のみ参加。
これはマネジメントだったのかと自分が
驚く指摘を受けたので、もう一度マネジメントは
読み直したいと考える。


半日名古屋市内をさまよって
放送大学の研修旅行、定員最後の3人に
滑り込み。
人生初の伊勢神宮になる、はず。
子どものころに行ってるんだが、
自動車に酔って車の中で倒れてた
記憶しかなくて、駐車場しかしらんのだ。
大学をでた後に、けっこうな高さから
リュックを落としたものの中のiPadが無事
という奇跡。
今日これまでの不調はみんな
このラッキーに回収されたのだ。

浮世絵展は来週から。
まきむら覚えた。
この辺で、ドニチエコきっぷのもとは引いた。
安心して迷子になれるので、バスにも地下鉄にも
使える1日乗車券は最強。


伏見へラーメンを食べに行き、久しぶりの横綱。
味玉おいしい。チャーシューふつう。
ネギが自由に追加できたことに気づいたのが
食べ終わったからなの悔しい。
日曜日休み、夕方5時以降開店の店が多いのは
地域的には納得するけど、中途半端な時間に
先に飯が食いたいときにはつらい。
飯のあとの一服中に、映画のチケットの
事前予約ができることに気づき、予約。
終電ギリギリなので、一番通路寄りを
確保してから出る。
先に映画館に寄り、発券。
漫画空間へ移動して、おまけ本のネタを少し
進める。


そして16日のメインディッシュとなった
メイドインアビス 深き魂の黎明 を
レイトショーで見る。
前売り発売後にレイティングがR15に
変更になり、返金騒動なんかで話題に
なったアレ。
原作を知ってる人には
「12で何故いけると思ったのか」と考える人も
いるような原作中のエピソードの映画化。
まきむらさんは映画化決まった時から
R15だと思ってた。

脚本だったか、監督だったかがパンフで
書いていたパワーワードと呼ぶしかない一言で
緊迫した場面で笑えてきてしまったのが
今回の自分のやらかし。
映画を見終わったあとの、観客の気配が
原作勢もしくはリピーター勢と
初見勢で真っ二つになってたのが面白かった。

とにかく音楽が最高で、冒頭から震える。
ついでにボンドルドのキレッぷりの
音楽による演出も最高
総じて期待をはるかに超えてきた。
あそこをリアルに描かれたらちょっと
耐えれん…と思ってたシーンについては
原作通りの描かれ方でちょっと安心。

アニメ1期は空に登る絵で終わったのに
劇場版は海の底に沈んでゆく絵で終わる
対比がいい。
原作で、獣化が進む描写に疑問を抱いても
理解ができていなかったのだけれど
ボンドルドの細かい動きで気づけたことで
動画の凄さを考えてしまった。
ぼくの読解力の足りなさを、ほとんど
補ってくれた気がする。


相方が、円盤出たら見せてと言ってくれたので
無駄に張り切る。

帰り道のついったのTLが映像研7話。
ちょうどメイアビで感じていた動画の力の
話なのを思い出す。
多分この状態を「感慨に耽る」ってんだなと
なりながら、無事終電。

濃密な一日であった。
満足。

[つれづれ,日記,感想]

ログ/2020-2-17


>>FrontPage