トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 自覚はあったのだが - まきむら (2020年07月09日 16時17分19秒)

感情が動かないことをするのは本当に苦手で
単一作業労働が絶対にできないと思ってるのはそこに
あるのだけれど。

過去に著作を読んで「このひと好きじゃないなぁ」と
思ってた人の仕事がきたらもう、驚くほど進まない。
ついでに夏の暑さも加わって、全くミリも進まない。
一日1コマしか進まないとかどういうことなの。

そんな感じで月末を過ごしておりました。
いやもう、なんの苦行か。

むかし、ぼくらのへんたい(https://amzn.to/3gBgMB6)で
主人公が嫌いで描くのが苦痛だったと描いてあった気がするんですが
よくぞ最終回まで描ききってくださったと心の底から
思うたなど、そんな夏の始まりでございます。