トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 それどころではなかった - まきむら (2020年06月20日 22時37分20秒)

液タブが来たのでセッティングしていた。
してい…た…

捗る捗る。
捗るついでに電脳コイル見終わりました。
あれはあの設定をあの時代にえねちけーが
一般向けの内容でやったから衝撃が走ったのであって、
電脳慣れした人には「そうですか」って感じの
展開だったんだね、っていうのと
クライマックスの置きどころと言うか、物語の展開について
ものすごく考えることの多い作品でした。

絵で見せる作品は、絵で説明しなければならい

っていう、ことについて、
延々と考え直すいいきっかけになりました。
気が向いたら長いのも書きます。