トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 カルト宗教信じてました。

https://amzn.to/3mdxMT9

いつだったか読んだ佐藤優さんの本で、そろそろ宗教の時代が来るのでは、みたいなことを見かけたのだけれど。
セミナー商法もサロン商法も、新興宗教と変わらん人の取り込み方をするので、読んでおいて損はないと思う。
二世だから気づけた、二世だから抜けられたという事例は、自分の身近にも実例があるし、政党活動も自分にとっては宗教と変わらんと思うているので、一つのものに依存する怖さ、視野が狭くなってゆく怖さも感じ取れればいいと思う。

ぼくはかつて「アンタが宗教を嫌いなのは、あんた自身が宗教みたいたもんだからだよ」と言われたことがあって。
偏りが大きくて、自分の考えに固執して依存する点についてはそのとおりだと思うと同時に、誰だったかの「人間には、宗教ではなく信仰が必要だ」という言葉も噛みしめることになった。
信仰と他者の依存を同一視させて中心メンバーの利益に化けさせる宗教は、人間が作り出したものでしかないから。
ぼくは有神論者、無宗教という立場が、一番フラットなんじゃないかなあとずっと考えている。
この世の理屈で解き明かせないものすべてを神という名で生き物と切り分けたのは間違ってはいなかったと思うているけれど、それを人間の都合のよい生き返らせ玉のようなものと考えるようになったことこそ、人間の愚かさの象徴なんじゃないかなあと、改めて考えたりしたのです。

[感想]


>>FrontPage