トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 やさしいしろくま

https://amzn.to/3rYwbTD

水彩きれい。
描きためたイマジナリーフレンドの記録と言うと大変無粋。

自分を支えてくれる、紙の上の誰か

というのは、創作クラスタには心当たりがだいたいあるんじゃなかろうか。
それぞれの話が描かれた背景が、寂しさが、時々すけて見えてかなしい。

「紙の上のアナタ」ではなく、傍らに寄り添ってくれる誰かが在ることを願う。

[感想]


>>FrontPage