トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 創作の心理について

https://amzn.to/3qKJUOd

読後感が読書についてに近い。
理想の形を追求しすぎて読み手が置いてきぼりになりやすいか、共感する熱心な読者がつくか紙一重な作家だったのではという余計なことを考えた。
共感できる内容ではあるものの、要らん世話だと感じる人もいるかもしれない。
命を削ってものを書くのは理解するけれど、この人は自分ですり減らしてたんじゃないかな、とか、そんなことまで考えた。
面白かった。

[感想]


>>FrontPage