トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 英雄の書

https://amzn.to/3Hhrs5q

再読。
AI黎明期を支えたエンジニアの方が、その研究の過程で得た脳の特性の知識をもとに、たくさん失敗して乗り越えてゆけ、と背中を押しまくってくれる本。
青本と呼びたい。
古い本を見て、新しい本を買ってしまったので、現在でも取り扱いのある旧版はまだ未読(なので買った。
旧版は若者に向けて書かれていたそうだけれど、こちらは30代以降を対象にしている感。

とにかく大量の失敗に縁のあるこれまでだったので、50も近づいてから、間違ってないどんどん行けと励まされる。
何度でも励まされる。
日本の、一度の失敗は全ての終わりという傾向が、どれほど日本の未来を奪っているかがよくわかる。
失敗は「できなかった事実をひとつ知る」こと、「新しい工夫を考えるきっかけ」というのを何かで読んでから、随分気が楽になったけど、この本は肩の荷を下ろすだけではなく勇気をもらえる。
失敗のあと処理をおさらいするために必要な本。

脳の成熟期56歳まであと数年。
それまでのお供にしておきたい。

[感想]


>>FrontPage