トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 如何に読書すべきか

https://amzn.to/3lkSVKT

この手のべき論には反発しかしない方の人間だけど、これは頷くしかなかった。
実行できているかといえばできていないし、長く濫読を繰り返している身としては、なんとも申し訳ない気持ちにもなる。
とはいえ、そうこうしているうちに、だんだんと身に付いていったことが、そう誤ってもいなかったのかもしれないという気持ちにもなった本。
原書にあたる気力はないけれど、原典に当たれば一番少なく的確に書かれているというのは間違いない。
研究書や技術書は、最新であることが善であることも多いとはいえ、そうでない本も当然ある。
そういう当たり前のことに気づけるまでの本がようやく読めたという実感が持ててから読むと、今までの自分の回り道も、間違ってなかったんだなという気持ちになれる。

ひとより冊数を読んでいると言われても、そんなこと全然ないよと感じるようになったら、ちょっと褒められたり反省したりするために、開くといいんじゃないかな。

211129

[感想]


>>FrontPage