トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 監督不行届

https://amzn.to/3C5KfNT

うっかり開くと最後まで読んでしまう本をうっかり開いてしまった。
最後の用語集は、ある意味、高年オタクの素養を知るための教養辞典な気がする。
自分より10歳上のオタクたちが一番攻撃され、否定され、そしてその時代に彼らを攻撃していた今の年寄りたちが、若いオタクを攻撃しているようにしか見えなくて、もうやめろ、お前らの時代ではないのだという気持ちに改めてなった。
多様性というのは、今まで生きづらかった人たちが生きやすくなるという意味で、生きづらさを作ってた人たちが口をつぐむことを覚えるのと同義ではなかろうか。
昔読んだ、小さいことにくよくよするな(https://amzn.to/3qog82m)のシリーズで「あの人と目を合わせてはいけない」と言うのではなくて「彼はあの生き方を選んだのだな」と考えるようにしたような話が載っていたのだけれど、つまりはそれで。

お前が理解できないだけで、彼は世界的に認められた実力者
カントクくんなのだ

みたいな気持ちになる本。
突き抜けて認められれば奇行も個性とか。
そんな、他人の個人的な感情に振り回されずに生きていこうぜ。

211109

[感想]


>>FrontPage