トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 Vision ヴィジョン ーストーリーを伝える:色、光、構図

https://amzn.to/3mvGlrD

画づくりの、とてもいい教科書。
明言された答えは何も載って
いないけれど、道筋がはっきり
描かれている地図みたいな本。
創作する人には、正解は存在ないしな、
と改めて。
こういう方法で勉強するのかー!
てところからまず発見。
吉田さんが配信で言っていたことが
だいたい載っていて
「ストーリーを感じさせる絵」
「ストーリーの一部としての絵」を
「考えて描く」のはどういうことなのかを
改めて考えることができた。
線を引いただけの時点で吉田さんが
「この段階で絵が見えなきゃダメだよ」
と言っていた理由も理解できたのが
嬉しかった。

広義では同じだけれど、
背景絵師とイラストレーターは
別の人だなと言うことを改めて考えた。
見せたいもの、魅せるものが違う。
自覚的に比較できるようになってきたのは
自画自賛と言われようと進歩だと思う。

漫然としていた落書きに意味づけが
できるようになったから、
練習のための練習から一歩進むためにも、
知らない人は読んでおいて良い。

20210409

[感想]


>>FrontPage