トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 旅と鉄道 2019年増刊7月号 青春18きっぷの旅2019-2020

https://amzn.to/30eB2l9

去年の夏の本。
さっくりと眺めた。
大きな変更さえなければ冬でも使える。
地方の単線はその年毎に何が起きるか
わからないので、注意は必要。

いつも思うんだが「車窓からの絶景」を
紹介するなら、車窓からの写真にしろ。
遠景は電車の中からは見えねえんだから。

上りとくだり、景色の見える向きに
言及していたのには好感。
裏表紙の広告がお察しな感じとはいえ
フェリーやバスの活用の提案がされているのは
個人的には好感が持てる。

片道で元が引ける範囲、
往復で元が引ける範囲は、
18切符本ならではの基本情報。
そこに始発からの限界駅と、
それぞれの路線の終着駅までの見所を
きちんと納めているのは助かる。

個人的には乗り換え時のホーム内飲食の
情報もほしいところ。
駅のトイレの情報よりも、
車内トイレの利用や、付いていない電車の条件も
載せてあってもよかったんじゃなかろうか。
あるつもりで乗って、ないの困るんだよ…。
特に市街地…。

長旅に耐えられる人にはおもしろいけれど、
長旅の何が楽しいのかまったく理解できない人には
駅内温泉や、駅近市場くらいしか有益な情報がない、
人を選ぶ本。

ぼくは当然好きです(笑)

20200111

[感想]


>>FrontPage