トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 ドブ川の底をさらうような話

「Kindle Unlimited は、玉石混交の石を
拾うのが楽しいんすよ」みたいな話を
よくしていたのだけれど、

本の感想ブログをまとめてみました。

みたいなのを見かけて何冊か読んでいた
時期がある。

それらについての自分の感想は
「自分のための感想は、本にした
 ところで面白くもなんともねえし、
 本の内容もまったく想像が
 できねえもんなんだな」
だった。

今、本ノートやらここの
感想タグやらでまとめているのも、
全部「自分のための」感想でしかなくて、
ものすごく誰かに読ませたい、
布教したいときと、自分のメモとして
残しているときとで、熱量がわかりやすく違う。

基本、そうやって書き留めているものは、
本ノートの方も「メモ」タグしか
つけていない。
自分にとってのメモであって、
人のための感想じゃない。
本ノートの当初のコンセプトは
自分のための覚えだったので、
そのへんは最近になっても
まだ守られているなという感じ。

自分でデータを漁っていても
「ひでえな、これ」ってメモ書きが多い。

一番最近だと
「久しぶりにすがすがしく
 意味のわからないものを見た」
と一行だけ書かれていた「夜は短し歩けよ乙女」
あまりに短いのでもう数行加えてから
メモにあげようと思っているのだけれど
メモなのでこんなもんである。

ここのコンセプトは、開設当初から
「軽くてシンプルな退屈しのぎ」だったので
ぼんやりと眺めるのに困らない
物量のものが放置されていれば
ぼくとしては目的を達成している。
あんまり人のために作っている感じが
しないまま、…もう、22年ですってよ、奥さん…

古いログをそのままどんどん
埋もれさせていけばアリの巣構造に
なるのも仕方ないって話で。

以後、まったく改善される予定もないまま、
軽くてシンプルな退屈しのぎは
今日もまたログを一つ増やしていくので
ありました…

22年…まじか…←書くのに調べてて気づいた

[つれづれ]

ログ/2020-05-13


>>FrontPage