トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 我が家の一大イベントが終わったでござる

選挙。
父が道楽とか趣味とか言ってる「議員活動」を続けるためには、避けては通れぬイベントが無事終了。
今年は、締切直前になってぽっと出が現れてしまい、無投票当選をあてこんでのんびりしていた議員が慌てて準備したとかいう間抜けな話があちこちで聞かれておりました。
いや別にそれはいいんだけども、ええ。

わりと休みやすい職場だったので、前回と今回は街宣車に乗るだけ乗りました。
他のことは全部断ったけども。

だって日曜日の原稿まったく進んでなかったんだもの(本音)

こちらもいつもどおりの薄さの本を無事出せました。
こう、自分が死にそうになる書き方よくないと毎回思いますが毎回やります。
これはもう、仕方ない。仕方ないんじゃよ…
そんな感じにお越しいただいた皆様、ありがとうございました。


大阪ドーム初めて行ったよ。
ああいう隙間を活かす産業は大好きです。
コンサート当日にドームの隙間のホールでイベントやってるとか不思議な感覚でした。
隣のイオンもそういうことを前提にサービス提供してて、働いてる方は大変だろうけどもうまい作りだなぁと感心したり。
大阪って構造的にすごい面白い街なんだなと改めて思いました。
ドームの横に駐車場も使えるイオンがあるってのが田舎の人間には驚き。
このへんだったらまず間違いなく「コンサート目的の人間は駐車禁止」って札が出るよ、きっと…
すごいなーキャパすごいなーといらんこと考えたとかなんとかかんとか。


初の大阪GLFesでした。
最初で最後になっちゃうのかなぁ。
ししょーと言ってたけれども「客層がメイデンズに近いね」というのが、第一印象でした。
「GLFesはやっぱり東京イベントなんだな」とゆーておりましたが、自分らの感覚だと「こんなけ人が動くならもいっかいやってみるか」な感じの人の動き方。
人集めたりなんだりの問題はあるんですけどね。
イベント主催の小鳥遊さんが、会場をずっと歩き回っていたのが印象に残ったとか(笑)
ししょーともども「イベントスタッフのお手伝いもやぶさかではないのだが、GLFesはな、参加したいよな…」という感じで。
昔取った衣笠とかそいう話。

FLOWERSの合同誌でご一緒させていただいた猫屋さきさんの本がね…

反則的にかわいい

心あらわれる可愛さ。
エロ本よりも恥ずかしいは褒め言葉だと思いました。
けも耳好きもさることながら

制服

制服ですよ!!!!!
心の同士を得ました(確信


ヴィレヴァンの花輪がひっそり飾ってありました。
百合展やってるしねーみたいな話はしてたんですが、日程合えばよかったのにねっていうのは割と皆考えていたようで。
名古屋の感覚だと「花輪の花は持って帰るもの」というのが当たり前で、イベント終わるときには脚の片付けだけ心配すればいいようなものなんですが、小鳥遊さんちょっと途方に暮れてらっしゃいましたね…早く出ちゃったからわからないんですが、解決したんだろうか…


あとあれ。
湯川さんが推しをお迎えに行くのに貢献できて、大変嬉しかったです(笑)
自分のためにはほぼ発動しないのに、人のためにはちょっと貢献してくれる自分のくじ運ぐっじょぶw

[日記,つれづれ]

ログ/2019-4-22


>>FrontPage