トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 ひとつのファイルにまとめる手間をかけるまでもなかったので

4000ファイルもコピペしてらんねえよ、ってことで、今回もなでしこに頑張っていただきました。
画像ファイルは手作業で別でDLしたので、こぴぺでぺちぺち入れてます。

まず、emlファイルを、テキストに書き出し。
???部分はうちのHDの場所。

ありかは「C:\Users\????\Desktop\小噺\」
ありかの全ファイル列挙
それを反復
ふぁいるはそれ
ふぁいるのファイル名抽出
それを4でゼロ埋め
保存先はありか&「text\{それ}.txt」
ふぁいるのEMLファイル開く
EMLヘッダ取得
ヘッダはそれ
ヘッダを反復
	タイトルはそれ
	もし、タイトルでDateの出現回数=1ならば
		タイトルを「=」で区切る
		それ¥1&改行&改行を保存先へ追加保存
		違えば			
			もし、タイトルでSubjectの出現回数=1ならば
				タイトルを「=」で区切る
				それ¥1&改行&改行を保存先へ追加保存

	EML全テキスト取得
	本文はそれ
	本文を保存先へ追加保存
おわり

つぎに、ファイルを30件ごとにテキストにまとめる。
やりかけたときには、一応、1クリックで終了するのも、ちらっと考えてた。
かんがえただけになったけど。

ありかは「C:\Users\???\Desktop\小噺\」
メインはありか&「text\」
ctn=1
cct=1
保存先はありか&「text02\」

メインを全ファイル列挙
それを反復
それを開く
本文はそれ
	もしctn<30ならば
		ほぞんする
		ctn=ctn+1
	違えば
			あかんとき。
終わり

*ほぞんする
		Fはcct
		Fを4でゼロ埋め
		Fはそれ
		本文&「----」&改行を保存先&F&「.txt」へ追加保存
		戻る

*あかんとき
		ほぞんする
		cct=cct+1
		ctn=0
		戻る

関数という呼び方を忘れて、どうやって分岐させるのか探すのにえらい手間取った。
画像を入れるのを自動化するのは諦めたので、サムネイルと、画像のリンクだけは自動で作った。

ありかは「C:\Users\????\Desktop\小噺\photo\」
保存先はありか&「001.txt」

ありかのファイル列挙
それを反復
ふぁいるはそれ
ふぁいるを「.」で区切る
「<a href="photo/{ふぁいる}" target="_blank"><img src="photo/sum/{それ¥0}.jpg" alt="{ふぁいる}"></a>」&改行を保存先へ追加保存

終わり

この、画像書き出しをファイル名をそのまま書き出すようにしていたんだけど、ふぉとしょの設定で拡張子が全部に.jpgなってたのすかっと忘れてて、やりなおしになったという、ね…

で、これを今、どうにか自動化できねえかなと考えながら、ぺちぺちとこぴぺしております。
昔々のファイルなので、エラーやらなんやらで画像がエラーになってたりするのもあって。
当時のデータはもうハードとともになくなってたり、サルベージがてまだったりするので、もうちょいまめにやっとけばよかったねという気持ちにもちょっとなってます。
しかし、あの頃速く感じていたPCたちの、なんと遅くなったことか。
タブレットなんかいじってるとててきめんすよな。

このての手間を簡略化するのには、本当になでしこ(https://nadesi.com/top/)優秀なので、同じ作業に辟易してることとかあったらぜひ使ってやってくほしい…
めんどくさがりには最高のおもちゃすよ、なでしこ。

ちょっとプログラムをいじったことのある人には、めんどうな部分をすっとばして使えるので、けっこう楽ちんです。

[日記,つれづれ,なでしこ]

ログ/2019-10-7


>>FrontPage