トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 よくある話なんだけども

誰かを失っとときにも、誰かを得たときにも、それより前にどうやって生きていたのかわからなくなる。

昔投げてたメルマガもどきのデータをあっぷしていたのだけれど、相方がいなかった時間や、甥や姪がいなかった時間、
じいさまが生きていた時間というのが、なんだか「今ではない」という当然の事実という違和感でもって目に映る。

これだけ楽しんでる自分の中に相方の影はなく、当然、まだ出会っていない作品もあり。
けれども確かにその後のある日、僕らの偶然は重なり合うんだよ。

過去から未来へつながる道はたくさんあるのに「今」を生きてる自分の過去は1本の道しかない。
その当たり前が、なんだか不思議な感じがして、残しておきたかったのです。

[日記,つれづれ]

ログ/2019-10-6


>>FrontPage