トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 個人宅訪問

推しが来てくれるとか、おっかけ冥利に尽きるよね
と何度も申しておりましたが、推し同伴で友人宅へ行ってきました。
遺品の形見分けをして、個人的に思い出の品を一箱(←)譲っていただきまして。

晩飯の席で、喋り過ぎつつ、でも、なんかこう、自分の中で出来上がった
価値観の権化を確認したりしてました。

誰かが待っててくれるから、続けられることだったのだなという思いと
誰が待ってるかわからなくても、描きたいことがあるんだという事実と
あの頃の答えの単語は違ったけれど、ずっと自分は
「生きていてもいいんだ」と認めてほしかったんだなということを
独りの帰り道で確認していました。


副産物としては、長らく続いていたKalafinaロス。
行きの車の中で、夜明けのなかsymphoniaが流れるという奇跡のおかげで
復活しました。
ずっと聞いてた。

ぼくの中で、Kalafinaロスと言うよりも、Keikoさんロスの意味が大きかったんじゃないかと
思ったりもしたんですが、それだけを言えば、先日の梶浦ライブでのKeikoさんの出演を見た時に
「Keikoさんとしての表現の幅に制限がなくなったのなら、あれも一つの儀式だったんだ」という
納得をしてはいたんです。
Kalafinaで求められるKeikoさんの声は、Keikoさん自身が持ってる声の広がりの
一部でしかなかったんだと、感じてはいたんです。
カッコイイKeikoさんではなく、かわいいKeikoさんも、ちゃんといるんだよ。
それがKalafinaではできなかった、気が、してしまった。

残していった音楽が消えてなくなるわけでもなし、
すべてのメンバーが音楽を辞めたわけでもなし、
また、お互いがお互いのつながりを失っているわけでもなく。

ただ、まぁ、悲しいよね、好きなユニットがなくなるっていうのは。
その気持の収まりが、つきました。

Kalafina、いいよね。語り継がれてもいいんだよ。伝説になってくれ。

なんかこう、いろいろと、整理が着く思いがありました。


自分と周囲をつないでいる人から亡くなっていて
しかも年をずらして同じ時期に失くなるという偶然が重なって
ぼくは何を託されているんだろうと言うことをよく考えます。

ぼくの立ち位置としては、表現者として面白がられていたというのが
大きかったと思っているので、同人屋として、面白がられてくれれば
自分の役目を果たしているのかなって、のが一つ。

あとはまぁ、思いついたことが真実なんだよ、きっと。


最年少だったぼくもいい年になり、当然周囲もいい年になりそれなりの年になり。
だからぼくはもうずっと「全員を見送る」と決めているのだけれど。

残されたぼくが託されたものを、ずっと考えて
この先も生きていくんだろうなあと、改て感じたのでありました。


(余分)
どれだけ考えても、うちの木野さんが最低にしかならないんだかがががが
いや、わかってたんだけど、この歳に改めて考えるとほんとに最低だなオイ


[つれづれ,日記]

ログ/2019-09-30


>>FrontPage