トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 読書会とやらに行ってきた

課題図書とかどうも…という方が主催する
少人数のものだったので、
毎度の「喋りすぎた」ひとり反省会中。

特定ジャンルの食いつきが良すぎるのは
オタクだから仕方ないにしろ
相手を選べと、何度。
でも楽だった。

一部、二部のメンツが違ったので
傾向が変わって面白かった。
間の30分で本を選ぶというイベントも、
自分は楽しかったので
本屋によるときにはまた試したいところ。

小型書店は対象がはっきり見えて面白いけども
触手が一致しないと難しいよね。
気になった本は世界不死計画(https://amzn.to/2FTrUcD)と、
Ex-formation(https://amzn.to/32bd4YK
前者はなんとなく、フランス映画好きならいけそう
という直感から気になった小説。
後者は
「知っているということを本当に知っているのか?」
をテーマにしたビジュアル表現の写真集。
「その発想で見たことはなかった」
という視点の数々は、
自分の不勉強や、だからこその視点の少なさ、
視野の狭さと向き合える良書。

蜂蜜と遠雷、読んでみるかなあ…

[日記,つれづれ]

ログ/2019-07-06


>>FrontPage