トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 ペンクリニックへ行ってきた

久しぶりに父とおでかけしてきました。
もう、道ほとんど覚えてないなぁ。

毎年恒例、ペンズアレイ タケウチ(竹内文具)さんのペンクリニックです。
すっかり15年くらいお世話になっている。
初めてこの店に誘ってくれた子も、初めて万年筆をくれた子も、俺が万年筆にはまるとは思っていなかったらしい。
初めて行ったのも春のペンまつりで、そのときは500円の万年筆を作って帰った。
たしかダ・ヴィンチ・コードの公開年。
当時10万円の限定万年筆の試し書きをさせていただいた衝撃が忘れられない思い出(笑)
キャップレスにドハマリして、何本かバリエーションを試させていただいたりと、大変使い手に優しい文具屋さんで近所だったら絶対通い詰めてるお店。

ノートほか筆記具も「使いやすい」「買いやすい価格帯」の品揃え。
ちょっとめずらしいお高めの輸入ノートを尋ねて見たら「あれは高いでしょ」と一蹴。素敵(笑)
モレスキンは取り扱ってみえます。
厳選した品揃えは、神戸のセレクトショップを彷彿とさせるので、こだわりが一致すると楽しいすよ。

そんなわけで、先日?買ったフォルカンの調整をしていただきました。
調整しないと、使い物にならないと評判wの、フォルカン
お絵かきのともには最高のフォルカン
「特徴的な使い心地ですから、ハマる人はハマるんですよね。その評判だけ聞いて買った人からは酷評されてしまう…」
と担当の方もおっしゃっていたという、ほんとに、癖の強い子なんですが、

お絵かきには最強なので、みんな一回使ってくれ!
まきむらさん、持って普及活動しちゃう!!

というくらい、下絵もラフもコンテも全部これ一本で行っちゃうこの頃。
おかげで他の子があまり活躍できていないので、ちょっと頑張らないとね…

我が家のラインナップ。
先程のフォルカンキャップレスのほかはカスタム74 BBを除けば、お求めやすいものばかりで
ラミー サファリ F だいたい3千円
パイロット プレラ F だいたい3千円
パイロット カクノ だいたい千円くらい
パイロット ペチット1 1色200円位
プラチナ プレピィ 0.3 だいたい200円
感動的安物愛w
日本の安万年筆最高なので、ぜひお試しを。
書き味と握り心地の安定感はカクノが好きですが、インクの持ちとかはプレピィに軍配が上がるイメージ。

父も「ボールペンをやめてから、肩こりと無縁になって助かってる」と言っていたので、大量筆記する用事のある人ほど、脱ボールペンを目指していただきたく…
80ページのノートが2ヶ月もせずに1冊なくなるような生活してる人は、万年筆いいよ!
小説家が、万年筆を愛した理由がよくわかりました…
万年筆じゃないと、つらい…まじ辛い…っ

あとは、もう、これ!
うぇるかむインク沼!

まきむらさんはペリカンのブルーブラックロイヤルブルーを愛してやまない。
どのペンにも入れちゃう。
ただ、相性はあるので、最近はきちんとパイロットのインクも買ってる。
ペリカンのインクの変化は感動的なので、経年変化も楽しんでいただきたい。
あとはセピア。ひたすらセピア。大好き。
経年変化と言えば、ペンズアレイ タケウチさん|オリジナルインク、ストーンブラウンも大好きなのでおすすめ。
あとから見るとほんとに色がブラウンになってるので、楽しいよw

プラチナの細身の万年筆から始まったまきむらさんの万年筆の変遷は、パイロットに落ち着いたわけですが。
他社も使ってみると、こだわりが違って面白いです。
海外製品の大作りさにわらってみたりね。

で、こんなけすすめといて何いってんだって話なんですが。

日本語には筆ペンがマジ最強

なので、使い慣れておくといいと思います。
公文書もいくらでも書けちゃう。万年筆なんて、比べ物にならない快適さ。
どちらも、アホみたいな本数を使い込みましたが、疲れにくさでいったら断然筆ペンです。
昔の中国で発達した気持ちはすごくわかる。
あの画数の多いものを延々と描き続けるなら、絶対筆と墨。もう、鉄板。
万年筆より安くて、下記味が良くて、発色もいい。
文化の長さが凝縮された筆ペン。
呉竹の筆ごこちはインクの乾きがすこし遅くて、縦書きの大量筆記にはちょっと怖いので、若干早く乾くパイロットの筆まかせ、おすすめです。
イベントのスケブに使うには、筆まかせの主線が一番楽しかったです。


今年はなんかついてないってのが定番で、
初めてきばらの臨時休業にぶちあたったので、メ書き残しておく…(´・ω・`)


[日記,つれづれ,万年筆]

ログ/2019-04-06


>>FrontPage