トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 フォルカンの万年筆を買ったでござる

中古の万年筆も初めて買ったでござる。
新古品なんだけどな。
店頭展示の在庫品らしい。

で、購入前にネットをめぐったのにまったく出てこなくてうなってた、ペン先の比較をつくりました。
ツイッタでも流したけど、こっちでも。


最初に詰めていたのが古めの、ペリカンのブルーブラックだったのでけっこうすぐに乾いてしまって四苦八苦してたんですが。
これは純正インクの方がいいかなって詰め直した結果かが以下。
ペン先の割れる感じの太い線を引くと、中まで乾いてしまうのか、インクが降りてくるまでに少し待たなきゃいけなくなります。
インクフローの調整で直るかもしれないので、このへんは調整してもらえる機会に聞いてみます。


感触は、まんまGペンです。ちょっと柔らかいかな。
昔使ってた人たちにはぜひ万年筆を使っていただきたい。
カスタム742と、732の両方に設定があります。
ぼくのはカスタム742。

あとはエラボーというシリーズもあるんですが、ペン先のデザインと、材質的に、印象としてはタチカワのカブラペンな書き味予想。
こっちもそのうち購入して試したいものですな。

[日記,つれづれ,万年筆]

ログ/2018-12-2


>>FrontPage