トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 人の減りを実感した件

JR武豊線のボックス席で出勤するようになって2年が経つ。
この時間にボックス席運用できるのか、なんてのは杞憂でしかなく、立ったままでも本が読める程度の混雑。
20年前、写植機の研修で名古屋へ通っていたころは、文庫本を開くにも難儀した。

自分の就職した年にバブルははじけ、大学へ行った友人はまあ、だいたい、就職に失敗したりした。
そんな時期と比べれば、そりゃあ、減ったろうなと今さら理解した。

人の壁を作っていたおっさんたちは軒並み定年退職。
俺の世代は100万人が仕事からあぶれ引きこもり。
3交替が当たり前で、まともな時間に生活できれば儲けものである。
一番人数が多い世代がいない、これが今の「全部」なんだろう。
人がいないから、以前なら叩き出されていたことをしても、人が通れる。
今は以前と違い、物理的に叩き出す奴もいない。

このマナーの悪さは、人不足と平和の象徴であったか

そんなことにちょっと疲れながらの出勤になった。

[日記,つれづれ]

ログ/2018-12-13


>>FrontPage