トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 あちこちが大変なことになっていた

<追記>
関西勢から、たぶんあそこの実家地域的に無事なとこやで、と連絡もらいました。


被災された方々、ご無事ですか。
心配することと、小さな募金を繰り返すことくらいしかできない辺境民ですが、できることはしていきたいです。

自分のジンクスに「遠征(コミケほか同人イベント以外)をするとどこかで事件が」ってのが過去にあってですね。
最近しばらく何もなかったから、不安からくるこじつけだねーとか、思い始めてた矢先に…。
始まりは中越地震、次が新宿歌舞伎町火災で、インドの地震、今回は群馬と枚方。
ほんと、2011から大きい地震増えてきたな。プレートの移動時期なんすかね。
南海カウントダウンかなぁ…
一部の知り合いの無事は確認できましたが、もう音信が途絶えている旧い知り合いは無事なのかとか、友人の実家は無事だったかしらとか。
目が覚めたらなんかいろいろな衝撃が…これしかできないもどかしさはありますが、無事をお祈りしております。
関西に移住している妹は出勤前で無事だったようです。

という今朝の事実はひとまず、申し訳ないけれども置いておいて。

行ってきました、FLOWERS展
春篇から4年間追っていたゲーム終了イベントとして、公式のアコースティックライブと画展がありました。
いや、もう、建物から良すぎた…良すぎやろ…
トイレもおしゃれだったのよー!
よくぞここを選んでくだすったという作りでございました。
建物厨の心をくすぐる…

運良くチケット抽選にも当選しました。
もともと音痴なせいでライブと生歌への感動が人より薄かったなという自覚はあるんですが。
あるんですが…小芝居ー!否、朗読劇ー!!!

えーと、自分がはまっていたのが、割と重要な脇(先生)とその同僚(寮長)だったのですが。
後者の同僚が初登場したのが、夏篇、ゲーム2巻のファンブックのSS←
名前も含めて、数えられるくらいの行数だったキャラで、当時は本編に気配すらなかった。
それが秋篇でちょこちょこと存在感を示唆する台詞が挟まれるようになり。
完結の冬篇で、主人公に絡むようになり(しかしスチルはない)

本編終了後発売された、最後のファンブックでとうとうビジュアルが解禁になり←
そして、その同僚と脇役メインのドラマCDが発売され←←

今回朗読劇で生歌まで披露されたよーーーーーーーーーーーーー!!!!\(´Д`)/

ちなみに主人公よりも注目度の高そうなカップルの人たちは出演されませんでした。
いや、まぁ、中の人的にはまきむらさんの本命でもあったわけだが。
仕方ないよね、忙しいもの…

という感じでライブ当選して、本当に、こう、まきむらさん中途半端なハマり方してるのに大丈夫かという不安もありつつ、4日間。
ライブ行って、画展毎日通って、ラストのご挨拶まで聞いてきました。
サインもいただいたしなー…ありがてぇすみません。
いらんこともしつつ、楽しませていただきました。
夢と現実の境目を完全に見失ってた日もあったしな…

飢えすぎて自分を見失ってた気がします。
いや、ほんとに。

ほんと、に…
寮長と先生、唯一の公式絵、お迎えしちゃったよ…(/ω\*)←やらかした

ずーと諦めようとぶつぶつ言っててすみませんでした。
初めから決断できなくなったのは歳とったと思いました。

先日イベントで偶然お隣になった寝路さんに大変よくしていただきました。
少ないよねーFLOWERS同人少ないよねー(;´д`)

そんな感じで、充実した長期休暇でした。えぇ。
さて、書くもの書かねば、ね…

[日記,つれづれ]

ログ/2018-06-18


>>FrontPage