トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 (2009.08.26) 人それぞれ

主張はあると思うんですが
今回の選挙の投票基準は以下の2つ

「生活保護費より最低賃金の方が安いので保護を打ち切ります」とか
(どなりこんだらさすがに取り下げたらしい)

「お金なくて保険料を納められなかったんですが
 健康保険の仮証発行していただけませんか」と頼みに行ったら
「じゃあ○ヶ月分払ってください」とか
(少なくても前金を収めて、分割支払いの契約をすれば
 本来なら発行される)

失業保険の受給中にアルバイトしたら、その分は控除されますとか
(規定内の就職をしない限りいつまでも最低賃金のまま)

公然と行われていたり、へっちゃらで言うお役所の体質の
地盤を作った政党に所属するひととか

15分駅前で話を聞いている間中、
他の政党の悪口しか言わなかったひとには

一切、入れません

職業訓練を受けさせてもらえることになった方にしてみれば
これをムダとか言い放ち、政党の政策とした人たちを支持したいとは思わないし
新しい政党が出来たなあと思って話を聞いてみたら、人の悪口しか言わないし
人のことはいいから、自分たちのこともっと公表しようよ、新党なんだから、
って、単純に思うじゃないですか

あ、あと、すごく個人的に
経済面が非常に未熟で脆弱なマニフェストと、某有名経済新聞のサイトのコラムで
気持ちよくたたかれたせいで、選挙前なのに○主党がよいしょできないんじゃないかと
思ってました
今の関心ってそこだから、下手に公表すると
メディアが収拾つかなくなるのかなーと
いらんこと考えてましたよ


父ちゃんと
「生活保護受けんとかんような生活したことない人が
 上から目線でどうこう言うから、生活保護政策が
 ゆがんでいくんじゃないんですか」
という話をしたら
「共産党は生活保護受けてた党員とか普通にいるぞ?」
って言われました

上に書いたようなことを実際に体験したときに、
一緒に役場に怒鳴り込んでくれたことに感動して
自分も活動を決める人も多いそうです(^^;
どぶ板選挙というのなら、こういうどぶ板を応援したいです

別に所属もしてないし、家族が所属するから骨の髄まで傾倒するかといえば、
完全に相容れないところも当然あるけれど、
今、人を救うという一点だけを見て言うなら

「悪いことは悪いといい、
 これが国民のためになると思えば後押しする」

という姿勢は、政策が生んだ貧困層を
拾い上げるきっかけになっていくんじゃないでしょうか


派遣村で炊き出しをもらった若い人たちが、
自分たちの行く末を考えて
全員きちんと選挙に行ったら、
ちゃんと変わっていくとおもうんだけどなぁ

そもそも、住所不定で選挙権すら与えられないってか?

[日記,つれづれ]

ログ/2009-08-26


>>FrontPage