トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 (2008.06.02) ベトナム雑感

海外旅行は、日本語のないところへ行きたい。
嫌われてるくらいがちょうどいいかも。
旅行へ行って「千円!千円!」ってたかられるなら、全然日本語がなくて読める活字もなくて、ホテルの聖書を読みたくなっちゃうような、そんなところへ行きたい。
オイラが「観光地のハワイ」に行きたくない理由を、確認させられる旅でした。
作られたハワイの方ね、hawaiiの人たちはむしろ尊敬する。

どこまでも下町。
どこまでも裏町。
隠す気がないのは悪い気はしないけど。
性根がたくましいのは本当は嫌いじゃないはずなのだけれど。
とてもステキだったよ!と笑顔でおすすめできるわけでもなく。
二度と行かなくていいから!と嫌悪をむき出しにするほどでもなく。
暑さばかりでなく今度は気の置けない誰かと、ぶらぶら冷やかしに歩き回るくらいがちょうどいいんじゃない?というような国。
特別な観光地があったわけでなく(生まれた頃の建物に萌えないわけではないのだけれど)、自分が生まれる頃にはまだ戦場だったという事実と、共産国の影を見せつけられてぐったりしちゃった感じが否めない。
感動するほどの民芸品があるわけでなく、もう切り返す気力も萎え果てるみやげ屋のせこさにもくたびれる。
数メートル歩くたびにつかまる、何かしらの勧誘もね。
日本人であることに疲れに行く国。
それだけ日本人が、どんなけ馬鹿を落としてきたかを思い知る国。
歩いてるだけでボコにされないだけ、まだまだマシだけどさ。

多分、個人で来たツアーだったらね、こんなにぐったりしなかったと思うんだ。
まったく知らない人と、まったく知らない話をして、楽しく酒を飲んだと思うんだ。
社員旅行は行くもんじゃないね。
お互いがお互いの腹をさぐるようなことを、しちゃいけない。
それができないなら、やめておいたほうがいい。
疲れに行っちゃったら、意味がない。
疲れを確認しに行くような旅なら、行かないほうがいい。

忘れにいきたかったんだけどな。
4日間仕事を離れた気持ちになれず、生理が来て憂鬱なところに5日めの日本はいろいろと追い討ちをかけてくれて、もう、ね。
楽しかった?と聞かれるたびに、苦笑いしてました。
パックツアーと会社が嫌いな奴は、やっぱり社員旅行は行くべきじゃないんだよ。

ぼんやりと歩き回るには面倒くさい国だけど。
一人きりで歩き回ったら、きっと路地が楽しかったと思う国。
悔やまれる。本当に悔やまれる。
自分のペースで眺められない歴史資料館のつまらないこと、つまらないこと。
誰かのミイラと波長があっちゃって座り込みかけた間抜けさの方が、この憂鬱さに比べたらずっとマシだ。

[日記,つれづれ]

ログ/2008-06-02


>>FrontPage