トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

八百万屋総本舗 電脳支店

 (2008.04.09) わかった

ブログがいやという気持ちが、ようやく言葉になった。
ブログは日記だからだ。

…は?ヾ(-д-;)

言うわな。言いたいわな。
でも、おいらにとっては雑文サイトと日記サイトの違い、それだったんだ。

wikiは、言葉の記録。
いつ書かれたかよりも、何が書かれているか。
日記でも、小説でも、なんでもいい。絵を描いてもいい。テーマはページごとに決めていい。
その自由度が、ブログには感じられなかった。
ブログはカレンダーにぼわれる。その日の記録になってしまう。
カテゴリ分けにしたって、それはあくまで日記の内容の分類であって、カテゴリをどれだけ増やしたとしてもテーマの分類にしかならない。
毎日なにかを積み重ねるのが大嫌いなおいらは、その部分が鼻についた。
カレンダーを毎日ぼいながら「今月の記入はありません」と表示されるのが癪に障る、そんなことだったんじゃないだろうか。

ある程度wikiが手軽になってから、導入できたおいらは幸運だったね。
だらだら何かを無分別に書きとめる人には、ブログよりもwikiの方が精神的に絶対らく。
みんなでワイワイ編集って言うのも魅力なのだろうけれど、更新しなければならないという精神的圧迫に耐えられなくなるタイプの人には、ブログよりwikiをお勧めする。
まず、時間という束縛から解放されるからね。

時々日付。おいらにはそれくらいがちょうどいいよ。

[日記,つれづれ]

ログ/2008-04-09


>>FrontPage